最近の投稿
最近のコメント

    風俗というのは凌遅刑所沢

    まずはキュウジンに話をしにいかなきゃならない。こんな時間にのこのこ姿を現わしたら、どんな顔をされるかわからないがね。店やスタンドのことは、俺をあてにして予定を組んでるわけだから。もちろん、キュウジンが仕事を手伝わせてくれたのは、みんなが俺のことをー俺が陰気にふさぎこんでいるのをー心配したからだ。でも、キュウジンのほうだって人手が必要なんだ。だからこそ俺は、しばらくここにいるから、あてにしてくれていいと言ってある。ニューオーリンズに帰る気になったら、ちゃんと事前に伝えるからとね。ほんとうはまだキュウジンの店で働きたいさ。あそこにいれば、地に足をつけて生きている気がするんだ。でも、もうクビは間違いないだろうな」「キュウジンはそんなことしないわ」風俗嬢はショックだった。「いまの状況を、あなたがちゃんと説明すればいいのよ」デリヘル嬢は風俗嬢に顔を寄せ、耳元でささやいた。「それだけは、絶対にできないんだ。きみも、いまここで言ったことを誰にも漏らさないでほしい」納得はできなかったが、風俗嬢はうなずいた。「風俗嬢、きみは特別な人だ。たぶん、俺には特別すぎる人なんだ」唇の端にキスをして、そこに舌の先をさまよわせる。「今日はどうしてもここにきたかった。きみの姿を見ないと、寂しくてたまらない」乳房がデリヘル嬢の手に包まれた。風俗嬢はびくっとして、彼の体に身をあずけた。デリヘル嬢はふたたび熟女にキスをした。風俗嬢は震えながら素早く強くキスを返し、あとずさった。是非風俗 所沢街には「いつもどってこられるの?」「できるだけ早く」彼のあとについてカフェにもどった。